北鎌倉SPX -非物質界の妄想-

ヒプノセラピストで死後探索トレーナーのひらたんの日記


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い込みの穴からの救出

お久しぶりです。ひらたんです。
最近、デジタルパーマなるものをかけました。この前会った知り合いの人の髪型が素敵だったので詳しく聞いてみたら「これ、デジタルパーマです。」と言われたからです。
私はデジタルパーマと言う言葉は知っていましたが、具体的にどうゆうものか知りませんでした。なんとなくアイロンパーマみたいなものかと思って(パンチパーマみたいな?)自分の髪型には関係ないと思い込んでいました。そのため、普通のパーマをかけていました。早速デジタルパーマについて調べ、何となくよさそうだったので自分もかけてみたら・・・癖のある私の髪がやっと言うことを聞きましたよ!ちょっとデジタルパーマの威力に驚いてしまいました。

つまり、私は長い間「私にはデジタルパーマは関係ない」と思い込んでいたのです。なので、私の世界にはデジタルパーマのことは全く入ってこなくて、普通のパーマをかけることしか選択肢にはありませんでした。

最近ヒプノセラピーにいらしたクライアントさんに、この自分の思い込みの世界を発見し、そこから自分を助け出した方がいらっしゃいました。

その体験は、ヒプノセラピーセッション中におきました。
クライアントさん(女性の方です)は、長年、難病に苦しんできました。
セッションの最後の方で、いきなりガイドから「穴」と言われたのです。そしてよく感じてみると、灰色の金属のような平面に大きな穴が空いていて、その中に自分が蹲っていたのです。その穴の直径はかなり大きかったのですが、あまり深くなかったため、彼女は、その穴からすぐに自分を引き揚げました。引き上げた自分は、ネバネバしたものが身体についていて、汚れていました。その自分を彼女はきれいに洗いました。すると、洗われた自分はどんどん小さくなり、最後には消えました。穴も中に誰もいなくなると、自然となくなりました。

この不可思議な現象についてガイドは以下のような解説をしてくれたのです。「この穴は、自分の思い込み、信念。今の穴は病気という思い込みの穴。この穴に入ることで、自分は病気だと思い込んでいる。」
ガイドは思い込みの世界を「穴」として具象化して見せてくれたらしいのです。最初は訳が分からなかったクライアントさんも私も、このガイドの解説を聞いて至極納得してしまいました。

その後、彼女は他にも多くの大小様々な穴を見つけました。つまり、複数のいろいろな思い込みの穴があるということです。ガイドの指示通りにいくつかの穴の中から自分を救出し、洗い、穴を消す作業をして、セッションは終わりました。

思い込みは、時には必要かもしれませんが、間違った思い込み、不必要な思い込みは自分を苦しめたり、自分がやりたいことができなかったりとあまり良い結果を生まない可能性があります。その思い込みの穴にはまりこんでいる自分に気づいて救出することは、とても大切な事なんだ、と目の前で教えていただきました!こんな体験をクライアントさんと共有させていただけるのは、セラピストという仕事をしていてよかった~!と心から思える時間です。

人は誰でも思い込みや信念を持って生きていますが、何かおかしいな、と感じたら、ご自分の心の中を調べてみてください。不必要な思い込みの穴に蹲っている大切なご自分の一部がいるかもしれません。もしその人を発見したら、優しく救出して洗って癒してあげてくださいね。
(私も「私の髪はパーマをかけても言うことをきかない!」という思い込みの穴から自分を救出したって感じかな?)


Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)

Author:原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)
北鎌倉SPXというセラピールームでヒプノセラピー、サイキックリーディングなどをやってます。ブルース・モーエンのメソッド、死後探索のトレーナーです。

ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。