北鎌倉SPX -非物質界の妄想-

ヒプノセラピストで死後探索トレーナーのひらたんの日記


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーチャイルドの癒し

こんにちは、ひらたんです。

私のヒプノセラピーの先生、リンダさんが昨日、無事に帰国されました。
ヒプノセラピスト養成講座を受講された皆様、本当にお疲れ様でした。
日本の受講生の熱心さ、協力的な態度に、リンダ先生もとても喜んでおりましたよ~。

今回の講座は、インターチャイルドを癒すことを中心に行われました。
インナーチャイルドを癒すことは、現代人にとってかなり大切なことです。

「インナーチャイルドとは、そのまんま訳すと内部の子供です。
つまり、大人はみんな心の奥底に子供のような感覚を持っています。
子供は本来、遊ぶのが大好きで、驚きと不思議に満ちています。
この自分の中の子供がインナーチャイルドです。
私はバイクに乗ったり車に乗ったりするのが大好きです。アニメ、マンガも大好きでが、これが私の中の子供です。けれども、大人になるにつれて、忙しくなってバイクや車に乗る時間がなくなってきたり、アニメ、マンガを見る時間がなくなってくると、私の中の子供が不満を持ちます。それに気が付かないで子供の反応を抑え込むと、体調が悪くなったり気分が落ち込んだりします。これがストレス反応ですね。
(もちろん、これだけがストレスの原因ではないのですが、このような原因もかなり大きいです)

また、実際に自分が子供の時に、親からきついしつけを受け続けたり、すごく悲しいことがあったりすると、子供は傷つき、それがトラウマとなって心の底に残っています。
大人になると、普段はそのトラウマを抑え込むことに成功していますが、何かの拍子に反応がでてきます。
例えば、会社強権的に感じる上司がいてすごくつらい!と感じる人は、子供のころのとても厳しい父親の姿に、上司を重ね合わせているのかもしれません。父親に少し雰囲気が似ている人に会ったために、トラウマスイッチがONになって子供の時のつらい感覚だけがよみがえってきている可能性があります。

このような場合には、潜在意識下で自分の中の子供の話を聞きいて、感情を解放させるとかなり状況がよくなってきます。自分の根底から癒されることで、心身ともに健康になるのです。これがインナーチャイルドを癒すということです。
この活動は、インナーガイドや、ハイヤーセルフと一緒に行います。

実際、このセッションをしたことで、効果がでているクライアントさんがたくさんいらっしゃいます。

ただし、インナーチャイルドを癒すことは、続けてやらない効果がでないことがあります。セッション直後には効果がたけど、1週間たったら元のように悪い状態に戻ってしまった、ということが起こります。インナーチャイルドを癒すこと、インナーガイドたちとコミュニケーションをとることは、できれば毎日やった方がいいでしょう。リンダ先生は、少なくとも20~30日はやり続けないと元に戻ってしまう、とおっしゃっています。

インナーチャイルドの癒し方やインナーガイドたちとコミュニケーションを取る方法は、その人によって違います。潜在意識に入って、その人にあったメッセージをもらってくるからです。

ご興味のある方はインナーチャイルドやハイヤーセルフに会うセッションを行いますので、ご連絡くださいwww。




Comments


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)

Author:原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)
北鎌倉SPXというセラピールームでヒプノセラピー、サイキックリーディングなどをやってます。ブルース・モーエンのメソッド、死後探索のトレーナーです。

ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。