マドモアゼル愛先生のセミナー

昨日6/27は、友達に誘われてセミナーに行ってまいりました。

『マドモアゼル愛先生と語る愛のセミナー
           第2回 2012年後半を占う』

会場となった「サロン・ドゥ・コロナ」

マドモアゼル愛先生のブログ

またまた有名人と写真を撮ってしまいました。
ミーハー(死語ですね)な私です。

マドモアゼル愛先生と
マドモアゼル愛先生を囲んで・・・


私が小学生~中学生のころ、雑誌「My Birthday」でよく先生のお名前を拝見しました。
(歳がばれますね~)
「My Birthday」は当時、女子の間ではとても人気な雑誌で、新しいのが出ると
必ず誰かが学校に持ってきて、休み時間や放課後にみんなで輪になって読みましたよ。
わくわくどきどきして楽しかったな~。

「マドモアゼル愛」さんというお名前から、私はずっと女性の方だと思っていましたので、
実は男性、ということを知ったときは結構ショックでした。

マドモアゼル愛先生は昨日のセミナーで、その理由を話してくださいました。
それは、「男性性と女性性を両方大事にできるように」「本当の自分と仕事をする役割の
自分を分けるため」に元の自分とまったく違ったペンネームを付けることにしたそうです。
・・・確かに、これは大切ですね。私のお仕事の名前は本名とあまり変わらないから・・・
ちょっと失敗だったか??

さて、今年後半の日本についてですが、、、
「ここだけははずせない」「ここは通さねば」と思う場面では逃げないで自分の考えを出すべし、
それが開運につながる、ということです。

私は占星術は全くの素人ですのでよく分からないのですが、今年の春分と夏至の天文歴(?)
から占うとそうなるそうです。
日本だけ、どちらもしし座が同じ度数で上昇している、ということです。これはとても珍しい
ことなのだそうで。
しし座の性質から考えると、今の日本は子供のようなまっすぐさが必要で、下手な算段をする
より素直に生きると良いそうです。

また、遊びの星の金星と木星が一緒にいる、ということで、今の日本人は努力し過ぎで疲れて
いる、これでは未来は開けない、苦労の中で自分に栄養を与え、自分を許すことで自分も
社会も成長するだろう、とのことでした。


後半は先生とサロン・ドゥ・コロナの方の披講を拝聴することができました。
披講(ひこう)とは、和歌を詠みあげることだそうです。
とても高尚な、すがすがしい感覚にひたることができ、自然に背筋が伸びました。
先生方の声は素晴らしく、このすごいパワーがまわりの空気がをビリビリと震えさせている
ことがわかりました。

マドモアゼル愛先生のブログ「音の夕べ」

初めての体験がたくさんあって、うまく書ききれないのですが、、、
マドモアゼル愛先生はとても落ち着いた雰囲気をおもちで、大学の先生という感じでした。
占いをされている方というよりは、人生の研究者、人間とは何かの探究者という印象を受け
ました。

こんな素晴らしい会に誘ってくれたマキコさんとノブコさんに感謝です!
(夜遊び主婦に乾杯!)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。