北鎌倉SPX -非物質界の妄想-

ヒプノセラピストで死後探索トレーナーのひらたんの日記


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お迎え」

旦那が教えてくれたのですが・・・
昨日、こんな記事がYOMIURI ONLINE(読売新聞)にのりました。
もういろいろなサイトで転載されていますが、

『死亡前、鬼籍の親・仏ら「お迎え」…4割が体験』

 自宅でみとられた患者の約4割が、亡くなる前、すでにいない親の姿を見たと語るなど、
 いわゆる「お迎え」体験を持ち、それが穏やかなみとりにつながっているとの調査研究を、
 宮城県などで在宅医療を行っている医師らのグループがまとめた。
 在宅診療を行う医師や大学研究者らが2011年、宮城県5か所と福島県1か所の診療所に
 よる訪問診療などで家族をみとった遺族1191人にアンケートした。


なるほど・・・。「1191人対象」・・・おお、結構大規模な調査ですね、と思ったら回答者は
541人らしいです。(あとの650人はどうしたのかな?)その遺族541人のうち226人(42%)が
「患者が、他人には見えない人の存在や風景について語った。あるいは、見えている、聞こえ
ている、感じているようだった」かを聞いたら、「経験した」と回答しているとのこと。

ちなみに、私の父も亡くなる2日くらい前に、病室のスミに白い服を来た男の人が立っている、
と私にだけ教えてくれました。(他の人にはさすがに言えなかったらしい。)
確かに私もその白い男の人の気配は感じていて、「お迎えが来たんだな~」と思いました。
今から考えるとブルース・モーエンが言うところの「ヘルパー」だったのではないかと。
今の私には、こん睡状態など、あちらの世界への移行が近い方のそばには、黒い服を着た
男性が見えることが多いです。
黒っぽいスーツのきちんとした正装、仕事のできる執事みたい、という感じなので、私はこの
存在たちを「黒服」と呼んでいます。(ホストっぽくはないですよ。とてもまじめそう。)
で、この黒服たちは、移行作業という大変なこと行う方に対して、敬意を持ってサポートしよう
としているのではないかな?と思います。
ただし、黒い恰好なので、見ようによっては死神のイメージにもつながります。
(まあ結果的にあの世へ連れていくので、死神っていうのは正解かも)

日本人にとって「お迎え」が来てあちらの世界へ移行する、というのは定説になってます
よね。ただ、それをきちんと調査した結果はなかった。
それを今回大規模に調査したことについて、しかも「文部科学省の研究助成金を得て実施」
ということで、面白いと思いました。
国からお金をもらってこんな調査をできるなんて、日本は良い国だにゃ~。
ちょっと見直したぜ、文科省。(*^ー゚)b グッジョブ!!

なお、いろいろネットで調べていてわかったのですが、この記事には一部削除されている
内容あるとのことで、すべての記事はこちら。
「yomiDr.」(ヨミドクター)

最後の部分に研究メンバーの「岡部健・東北大医学部臨床教授」という方がコメントしています。
この岡部先生は、調べてみたら「タナトロジー」(死生学研究)のを研究されていて、仙台で
在宅緩和ケアなどの活動をされているそうです。

岡部先生、日々、死に向き合われている方なんですね。
とても大切な仕事だな・・・と思いました。

そういえば、ブルース・モーエンの死後探索ワークショップにも、時々お医者さんが参加されます。
やはり、死を身近に感じることが多い方は、いろいろ考えるところがあるのでしょう。

ただし、この研究は岡部のおっしゃる通り、「いかに穏やかに本人もまわりも移行ができるか」と
いう話なので、死後の世界があることを証明しようというものではありません。
(レイヤーが違いますね~。)


テーマ : ブログ日記    ジャンル : ブログ

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)

Author:原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)
北鎌倉SPXというセラピールームでヒプノセラピー、サイキックリーディングなどをやってます。ブルース・モーエンのメソッド、死後探索のトレーナーです。

ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。