北鎌倉SPX -非物質界の妄想-

ヒプノセラピストで死後探索トレーナーのひらたんの日記


ガイドとのコミュニケーション(びっくり体験談)

今日は私のところで、死後探索ワークショップとヒプノセラピーを受けてくれたAさんの体験談から。
ちょっと長くなるけど書いてみますね。

Aさんは、死後探索のワークショップでリトリーバル(亡くなった方とコミュニケーションをとり、
ヘルパーと共にフォーカス27へ連れて行く・・・日本風、仏教風に言えば成仏?させる)の体験を
しましたが、それがどうも自分の過去世にかかわる気がしたそうです。
さらに、ご自分のガイドとは前に受けたヒプノセラピーや死後探索で会ってはいたのですが、
他人の誘導でないと会えない、コミュニケーションがとれない、と感じていたそうです。

自分の現在の問題ともかかわるような気がしたAさんは、さっそく私のヒプノセラピー個人セッション
を申し込まれました。
すると・・・見事にダイレクトに死後探索ワークショップのリトリーバルにかかわる過去世へ退行し、
ガイドの助言を受け、ご自身を見つめなおすきっかけとなりました。
しかし、Aさんはヒプノの誘導がないとガイドに会えない、とまだ感じていました。
そこで、私はAさんへ普段でもガイドとコミュニケーションをとる方法について、自分の体験談を
含め説明させてもらいました。Aさんは半信半疑に感じながらも、それの方法を実行されたそうです。

Aさんの次の個人セッションは、私がガイドとのコミュニケーション方法を説明した翌日だったのですが、
なんと、わずかその1日弱の間にびっくりするようなことが2つもあったとのこと。

その日の朝、Aさんはご自分のガイドと私が説明した方法でコミュニケーションをとろうとしたそうです。
具体的にはガイドと話をしている気になって、という方法なのですが(これは死後探索の方法を応用し
たものです)Aさんはガイドと今日これから私のところへ行くのに、私のおやつを持っていきたいけど、
何にしようか?というものだったそうです。なんとなく「お団子」というのが浮かんだ、というか
ガイドに言われたような気がしたそうなのですが、Aさんは私の好みを知っているので「やっぱりケーキ
じゃない?」と思ったそうです。(そうなんです、私はケーキが大好きなんです)

そんなこんなでガイドと話をした気になって、家を出たAさんはバス停に向かって歩いていたそうですが、
かなり手前のバス通りが見えるところでバスが2台通りす過ぎていったのを見ました。バスが2台も
行ってしまったら次のバスまで10分以上待たなくてはならないと焦ったAさんは、「うわー!すぐにバスに
乗りたいのに!〇〇〇(Aさんのガイドの名前)、次にバスが来たら私が乗れるようにバスを待たせて
おいて!」と、思わずガイドに心の中でお願いしたそうです。
すると不思議なことに、Aさんがバス停の少し手前に来たときに奇跡的に3台目のバスがやってきて、
Aさんがちょっと小走りすればバスに間に合うような絶妙なタイミングで乗れたそうです。

びっくりしたAさんは、ガイドに感謝するとともに「でも私が乗れるようにバスを待たせることを
ガイドに頼むなんて・・・そんなささいなことでガイドを使ってしまってはガイドに申し訳ない」と
感じたそう。(私としてはAさんの几帳面さに結構で笑えましたが!私は普段ガイド使いが荒いから。)

そんな感じでスムーズに北鎌倉駅まで到着したAさん、今度はタバコがないことに気が付き、駅近くの
コンビニでタバコを買おうと、ついでにケーキを買おうと行きました。しかし、そのコンビニでは
タバコを扱っておらず、タバコを売っている近くの八百屋さんに行きました。

八百屋さんなので新鮮な野菜が安く売っていたため、Aさんはタバコと野菜を2つくらいレジに持って
いきました。ただし、ケーキはなかったため、私へのおやつはあきらめたそうです。
八百屋のおばさんはタバコ、野菜、とレジで打っていたそうですが、いきなり、レジの前に陳列して
あった三色団子を手に取り、「えーっと、これもでしたっけ?」と聞いたそうです。確かにAさんは
レジの前に三色団子が並んでいるなと思ったそうですが、それをレジに出していません。お団子に
触れてもいません。何もしてません。にもかかわらず、八百屋のおばさんは、このお団子も買うん
だっけ?とAさんに聞いたそうなんです。

ガイドとの朝のやりとりを思い出し、とてもびっくりしてしまったAさんは一瞬固まりましたが、
大人の対応として「えーっと、このお団子は甘いのですか?中にあんこが入ってます?」と聞いて
みたそうです。(さすが落ち着いていらっしゃるAさん)
するとおばさんは「もともとお団子というのは、お団子に甘い味がついているもので・・・」など
お団子の説明を丁寧にしてくれたそうなんです。さらに三色団子の色について「ピンクは桜の春、
白は雪の冬、緑は葉っぱの夏を表している。でも秋を表す色がない、つまり『秋がない=あきない』と
言うんだよ。」とまで教えてくれたとのこと!
(この話は私も初めて聞きましたよ!なーるほどって感じ!)
もうここまで言われたら買うしかない、と思ったAさんは三色団子を買って私のところへ来てくれたのです。

  三色団子
    ↑これがその三色団子です


死後探索のワークショップに参加されていたAさんは、ガイドがいる証拠を欲しいと思っていたそうです。
(死後探索では、亡くなった方と会ったことの証拠をもらうことや情報の正確さを検証することもやり
ます。)
つまり、Aさんのガイドは、ガイドは私たちの話をちゃんと聞いてくれていて、こちらがお願いすれば
聞き入れてくれる、さらにそれをわかりやすい証拠で示してくれる、ということを立て続けに2回も
示してくれた、ということになりますね。

これには私もびっくりしてしまいましたよ!(特にお団子の方は)
その日のAさんの個人セッションは、前回にも増して素晴らしいものになったことは言うまでもありません。

なお、私はこのお団子をとてもおいしくいただきました。(お団子のおいしさを再発見!)
AさんとAさんのガイドさん、おごちそうさまでした!



テーマ : ブログ日記    ジャンル : ブログ

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)

Author:原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)
北鎌倉SPXというセラピールームでヒプノセラピー、サイキックリーディングなどをやってます。ブルース・モーエンのメソッド、死後探索のトレーナーです。

ブログ内検索

Archive RSS Login