北鎌倉SPX -非物質界の妄想-

ヒプノセラピストで死後探索トレーナーのひらたんの日記


裸の幽霊を見たことはありますか?

最近目が悪くなってきておまけにテニス肘になってしまたので、なるべくPCの前にいるのをやめようと思ってブログをほとんどかいていませんでした。すみません。
しかし、もう目はよくならないので、書いてしまいます。
(念のためちょっと前に眼科で検査したら、老眼と近眼が進んでいました。え?この年で近眼が進むなんて…なんでやねん!?)

私は子供のころから近視で目が悪くて、医者に20代前半の時には「このままでは網膜剥離の恐れがあるので気を付けてください。」なんて言われたり、30代では「若年性白内障になりかかっています。」と言われたり…。原因はよくわかりません。そんなに目を酷使したおぼえはないし。
でも、数年、視力が落ちてきてから、非物質的な存在がよく見えるようになってきました。子供のころから見えていたのですが、よりクリアーになってきた感じです。しかし、現実世界のものより幽霊さんの方がよく見えるのは、生きていくのに時々支障があります。

例えば、車を運転しているとき。幽霊さんらしき人にいきなり車の前に飛び出されると、マジで驚きます。前から時々、このようなことはあったのですが、飛び出されると思わず急ブレーキを踏んでしまいます。とても危ないです。(追突されるかもしれません!)幽霊といえども人型をとっているのであれば、車の前への飛び出しはやめてほしいです。あと、歩いている時、いきなり目の前に出るのはやめてください。普通に怖いです。それから、勝手にうちの中に入ってこないでください。不法侵入です。私がトイレやお風呂に入っている時に覗かないでください。落ち着いてできません。いきなり光らないでください。目がくらみます。亡くなっていてもマナーは守ってください。
…と、幽霊さんへのお小言を書いてしまいましたが、実は私は今まで裸の幽霊を見たことはありません…いや、厳密に言うと一度だけ見たことがあります。というか、見せられたのですが。

数年前にヒプノセラピストの友人にヒプノセラピーをかけてもらいました。どのような問題でやったのか、よく覚えていないのですが、なぜか、宇宙人がでてきました。(そこでいろいろやりとりがあったのですが、それは置いておいて)私はその宇宙人に「宇宙人から幽霊を見たらどのように見えるのか?」と質問しました。私にとって、幽霊はかなりクリアーに見える印象です。(目、鼻、口、服装などがわかります。)しかし、宇宙人らしきものを見るときは、目、鼻、口はモヤっとしていて、(そもそもそれらがあるのかどうかも分からない)光っているのっぺらぼうのように見えます。前にCMで見たペプシマンのような感じ(あんなにムキムキではないが)です。私が会った宇宙人がそのような見た目の種族だっただけで、他の宇宙人はもっと違うビジュアルなのかもしれませんが、そんなわけで、宇宙人からは幽霊がどのように見えるか前から興味があったのです。
宇宙人は私に、「人間の肉体は地球外生命体の研究によって作られたこと(宇宙人はその肉体を「スーツ」と呼んでいました。)」、「人間に生まれる魂は、ある程度自分で「スーツ」のタイプを選べるが、基本的に「スーツ」は地球外生命体から支給されること」などを話してくれました。そして「亡くなった魂だけになった人間は、その「スーツ」を着用していない裸のような存在である」と言ったのです。で、私に、スーツがないことに気づかず(つまり亡くなったことに気づかず)、裸のようになってふわふわしている魂たちを見せられたのです。もちろん、これは私の中の解釈者(非物質的存在からの情報を得て、私にわかりやすいように解釈している頭脳)を通してみた絵なので、本当は違うかもしれませんが、ちょっとショックでした。亡くなったことに気づかずにこの世にいらっしゃる幽霊さんたちが、急にかわいそうに感じてきました。

そんなことがあってから、私は幽霊らしき存在を見かけた時には、裸かどうか気にするようになりましたが、今のところ真っ裸の幽霊は見たことがありません。(薄着のは見たことがあります。)おそらく、幽霊さん側も、お風呂以外は服をきているのがあたり前、という信念を持っているから、着衣で現れるのだろうと思います。もしかしたら、温泉や銭湯では裸の幽霊さんがお湯につかっているかもしれませんが、まだ私は見たことがありません。(あまり温泉とか行かないので…)

真っ裸の幽霊を見たことがある方、ご連絡をお待ちしております!

死後探索ワークショップ

こんにちは、ひらたんです。

昨日はじめたサンタさんですが、雨が降ってきたので一時お休みします。
(まあ、どーでもいいのですが…)

ここ数日、どうもまた例のあの方たち(未確認飛行物体とその一味)を感じてやや落ち着かないのですが、今夜は雨なので少しほっとしています。

富士

お知らせです。

来年早々、1月16日(土)、17日(日)とワークショップを開催します。

ブルース・モーエン・メソッド
  公認トレーナーによる死後探索レベル2「パートナー探索」コース です。

都内(江東区)で行います。時間は、朝10時から夕方5時までです。

詳しくは以下のサイトをご覧くださいませ!
  →北鎌倉SPX ワークショップ死後探索

今回は「パートナー探索」ということで、みんなで非物質世界の同じ場所を探索します。
また、参加者さんから亡くなった友人や愛する人の写真をご提供いただき、みんなでその方を訪れるというエクササイズも行います。
参加者さんみんなと探索するので、他の参加者さんと同じ体験をしたり同じ情報を得たりと、「自分が非物質世界でやっていたと思っていたことは、ただの妄想ではなかったんだ!!」と実感することができます。これは結構びっくり体験ですよ~。

皆様のご参加、お待ちしておりま~す。

サンタはじめました

こんにちは、ひらたんです。
気が付けば、今年ももうあと三週間・・・!?

ということで、我が家のサンタがアップを始めました。
さんたはじめました

(まあ、どうでもいいことなんですが・・・)
12/25には2階のベランダに到着して、部屋の中に入ってきて素敵なプレゼントを私にくれるであろう、と期待しております。

我が家は、今年は12/28(月)まで営業しております。
ご予約はお早目に!
北鎌倉SPXスケジュールはこちらからご確認くださいませ。

Can I help you ? (…何しに来たんだ?)

昨日の夕方は曇りでしたね。
我が家のベランダからは、雲の間からきれいな月が見えていました。
で…きれいだな~と思ってみていたら…また出ましたよ、未確認飛行物体さんが。

星とも飛行機とも明らかに違う光が月の近くに飛んでました。
弧を描いたり消えたり出たりしながらふらふらと飛んでました。
(飛行機なら赤く点滅しながら直線を飛ぶのですが、明らかに飛び方が違いました。)

我が家はそんなに街中ではないすが、すごく田舎というわけでもありません。
でも、雲が大目の日は雲に隠れやすいせいか、時々現れますね。

月

急いで写真を撮ったのですが、もうその時にはいなかった…。
(右下あたりに現れていたのですが、写真には写っていません。ごめんなさい。)
いつも写真を撮りそびれます。(ノД`)・゜・。

それにしても、何しに来ているのだろう?

その直後に、自衛隊か米軍と思われる輸送機が飛んで行ったのが印象的でした。(・∀・)イイ!!

幽霊が怖いと死後探索はできない?

毎日じめじめしている感じでいかにも梅雨という感じの季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は最近、8月のブルース・モーエン氏の来日ワークショップの準備や6/27(土)のBMトレーナー協会で行われる練習会などの準備に追われています。
ただいまも多くの皆様に来日ワークショップのお申し込みをしていただいております。まだお席に余裕がありますので、迷っていらっしゃる方は、ぜひご参加されてみてはいかがでしょうか?

そこで、死後探索の話をみなさんにするとき、よく質問されることがあります。それは、
「スピリチュアルガイドや過去世、宇宙人には興味はあるが、幽霊は怖くてどうすてもダメなのです。」
というものです。

確かに昔から、幽霊は怖いものですね。お化け屋敷や心霊写真など、みんな恐怖を感じて楽しむものですから。
ブルース・モーエン氏や私が開講している「死後探索」のベーシックコース(レベル1)は「亡くなった非物質世界の方々とコミュニケーションをとって、あちらの世界へ移動するためのサポートをする活動」をやるので、幽霊が怖いと死後探索はできません。幽霊と言われる方々とコミュニケーションをとるわけですから、その方々を見つけた時に「きゃ~!怖い!」と逃げてしまってはマズイのです。(当たり前なのですが。ww)

実は私も、「死後探索」ワークショップを受け始めた最初の方は幽霊がとても怖くて、ワークショップで講師のブルースが来日するたびに「怖い!」と文句を言って彼を困らせていました。UFOやUMA系は子供の頃から興味があったのですが、幽霊だけはどうしてもダメでした。
そんなに怖いならなんでこんなワークショップに出ていたのかというと、子供の頃から見えたり感じたりしていたからです。子供の頃から、いつもいつもちょっと暗い場所に動く煙みたいなのとか、空に大きな人型が動いているのを見て怖かったので、「いい加減怖さを克服しなければ!そうだ、もしこのワークショップで素早く幽霊を見つける技を身につければ、幽霊が私を見つけるより私が幽霊に早く気づいて、素早く逃げることができるかもしれない!」と思ったのです。

で、ワークショップを何度か受講した結果、「逃げるのはよくない」と気づきました。
今まで、私は幽霊と話すと余計に幽霊がやってきて憑依されて大変なことになるのでは、と思っていたのですが、それは違いました。
幽霊さんも少し前までは普通の生きていた人です。ちゃんと話せば多くの人はわかってくれます。
それがわかってきたら怖くなくなりました。相手が何物かわかれば、怖さは薄れてきますよね。また、知覚がより開いてきて、亡くなった方々を落ち着いてよく見ることができるようになると、それらの方々はかなりリアルなので、逆に怖さを感じなくなりました。

なので、最初は怖さを感じても、落ち着いてワークショップを受講して、怖いながらもなんとかやっていけば、非物質的世界を探索できるし、亡くなった方々のサポートもできる、そしてだんだん怖くなくなってくる、ということです。

さらに、子供の頃にいつも見ていた、自分の家の同じ場所に出る男性の幽霊が、実は自分のガイドだということがわかりました。
ちゃんと相手とコミュニケーションをとっていなかったから、ガイドが出てきてくれても「ぎゃー!」ってなって逃げちゃっていたのです。これはもったいないことですよね。ガイドさんにも申し訳ないです。

なお、死後探索レベル1の次は、レベル2「パートナー探索コース」、レベル3「自己探索・セルフヒーリングコース」、レベル4「宇宙探索コース」と進んでいきます。
亡くなった方とのコミュニケーションの方法を学びながら、本来の自分や本当の世界について深く探索していきます。
ずっと幽霊さんとコミュニケーションとるわけではありません。www


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)

Author:原田祥乎(はらださちこ 通称ひらたん)
北鎌倉SPXというセラピールームでヒプノセラピー、サイキックリーディングなどをやってます。ブルース・モーエンのメソッド、死後探索のトレーナーです。

ブログ内検索

Archive RSS Login